2014.07に行った、ハノイ・ハロン湾の旅を綴ります。
帰りのANA便(最終編)です。

行きと同じようにホテルのリムジン(BMW)で送ってもらい空港に到着です。
ANAのカウンターは向かって一番左でした。


隣にセキュリティが見えますがこれは国内線で、国際線は建物の中央付近にありました。
また余ったVNDも次にいつ来るかもわからないので全てUS$に両替しました。
交換レートはUS$の方がいいみたいです、またこれはだと最低紙幣が1,000なので
端数処理で不利になるかと思います。

その後ラウンジへ向かいます。ラウンジはベトナム航空以外の会社で供用ラウンジの様です。


写真に写らない所にJALの看板もありました。
現在このノイバイ国際空港は新しいターミナルを建設中です。
来年4月完成予定とありましたが、状況を見る限り遅れそうですね。
そうなれば恐らくアライアンスごとにラウンジもまとめられるのでしょうね。

中はとても広々としています。



フード類も結構充実しています。



ももちろんベトナムなんでフォーもありました。オーダーすればスープを入れ温めてくれます。



カウンターの中ではフォーを盛り付けていました。



ここのラウンジ、滑走路も見渡せ退屈しません。
丁度搭乗予定のANAが遅れて着陸しました。


優先搭乗開始のボードを持ったスタッフが来たので搭乗口へ向かうことにします。
搭乗口はラウンジのすぐ近くです。



それでは搭乗です。ゲート付近には40人位しか居なかった様な・・・


帰りは真ん中のF席を指定しました。


この席は両側に物置があり、また両側の通路から離れているのでCAが通るのが気にならず
非常にポイントの高い席ですね。この囲まれた感じがたまりません。


さてこの機材で2人で旅行する場合アイランドの2席つまりはD・Gの指定でなぜダメかというと、
こんなに大きなパーテーションがあるからです。
物置も大きくないし、指定するメリットはあまり感じません。


さて本日のビジネスクラスですが搭乗者はわずか8名でした。
Bコンパートメントには一人もいませんでした。
またその内少なくとも2人は特典利用なんですよね。

CAに聞くとビジネスクラスはかなり苦戦しているとのことでした。
ということは今のうちに特典航空券で乗るチャンスかも。

さて機内食ですがステーキを選択したかったのですが、何と品切れ・・・
8名しか乗っていないのにどうなってんの?
変更をお願いしたいと言われ、それまでも結構CAと話をしているし、DIAということもあるし、
どうしたもんかと思いましたが承諾することにしました。

ということで和食になりました。


まあ全く感想の無い機内食です。なのでガンガン飲みます。


足りなかったのでうどんも頼みました。
しかしこの九条葱うどん、おそらく乾燥葱を使ってるんでしょうね、
葱が出汁を全てすってしまってます(笑)これは改良が必要かと・・・


この後にデザートにしました。


ちなみに僕の妻は何も聞かれずにステーキを頼むことが出来たとか・・・



このハノイ線は羽田発が朝早く、また到着も夜遅いので地方からの乗継も難しいところですね。
ANAファンとしては何とか育って行って欲しいと思います。