東京競馬場。

 

私が初めてそこを訪れたのが、

 

それはそれは朝から人の熱気で、

 

頭が煮え繰り返りそうになった、

 

2016年5月29日。

 

 

3歳馬の頂点を決める戦い。

 

そして日本中の競馬ファンが、

一番熱く盛り上がる日。

 

 

第83回日本ダービーだ。

 

 

私は大学生になったからには、

一度はこのレースを、

現地で観たいと思い、

金曜夜のバイトが終わると、

すぐに大阪発の夜行バスに、

乗り込んだことを思い出す。

 

昨年の3歳馬は、

近年では稀に見ぬ、

最近世代と言われており、

会場には13万人が押し寄せた。

 

私は始発電車で東京競馬場を訪れたが、

 

その時には長蛇の列。

 

西口は封鎖され、

正門に回され、

約2時間程ジッと座って待ち、

開門ダッシュを間近に見て、

私もその流れに身を投じ、

何とか一番前の列を確保した。

 

f:id:victoirepisa1130:20170222151953j:imagef:id:victoirepisa1130:20170222152016j:imagef:id:victoirepisa1130:20170222152101j:image

自衛隊のファファーレに合わせて、

大きく鳴り響く手拍子と歓声。

 

私はゴール板から200メートル手前の所に、

ポジション取りをしていたのと、

私自身、

2着のサトノダイヤモンド応援していたので、

マカヒキの走っている写真は撮れなかった。

 

勝ち馬は撮れなかったが、

数センチ差の勝負を現地で観ることが出来て、

非常に印象に残るレースだった。

 

あれから約9ヶ月。

関東競馬場を巡る旅2日目の、

2月18日土曜日。

(土曜日と日曜日の出来事を同時に書かせてもらいます。読みにくいかもです。すんません。