台湾からの手紙が届きました。

丁寧な日本語とタメ口が混在するちょっと変わった日本語。

私の英語もこんな感じなのかしら…。

「メイさんはどう思われますか?」と聞かれたり、

「そっちはどう?」と聞かれたり、

私はどういうスタンスで返事を書けばいいのかしら。

台湾の人から手紙を受け取るのは初めてなのだけれども、

手紙を見た瞬間に、思い出したのは中国の妹のこと。

私が中学生のときにホームステイして以来の文通相手でもある彼女の

日本語を彷彿とさせた。

日本語以前に中国語を母語とする人たちが書く日本語の文字って、

なんでこうも一緒なんだろう、とびっくりした。

そういえば、私が「お姉さん」と慕う中国人のお姉さんも、

大学時代の中国人留学生たちもこういう日本語の文字だった。

字は体を表すと日本では言うけれど、

中国の人たちが書いた日本語って、そっくりすぎて判別つかないかも。。。

彼女は有名なカフェで働いているらしく、

日本人観光客も多いらしい。

日本人に話しかけると失礼かな?と思って、日本人がいても

日本語を使う機会がないという彼女に、

日本人のお客さんに「台湾を楽しんでね!」とか

「これからどこに行く予定ですか?」とか聞くのは失礼にならないのでは?と

Lineで返していたら、

早速、言ってみたらしい。

そうしたら、日本人観光客から東日本大震災のときのお礼を言われたようで、

「とても感動した」とLineでも手紙でも書かれていた。

日本人はなんて礼儀正しいの!と。

「日本と台湾の友情のように、私たちの友情が素敵に続きますように。」と

いう一文がとても素敵だった。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村